GANBOENG製茶園を訪問しました | 15.11.13

DSC_0160
今回のインドネシア視察のもう一つの目的はインドネシアの白茶の代表ブランド、GANBOENGの製茶園の訪問です。

 
DSC_0102
製茶園はバンドン市郊外の山中にあり、喧噪の市内とはかけ離れた、まさに桃源郷とも呼びたくなる、静寂に包まれた自然の中にありました。

 
DSC_0120
その歴史は古く、オランダ統治時代から紅茶の栽培で知られ、戦後は政府の医療研究施設から民間に委託され現在に至っています。
園内の展示室には当時の貴重な資料が今も残され、当時をしのぶことができます。

 
DSC_0110
訪問時は時期的に収獲量も少ないとのことでしたが、施設内の乾燥室にも案内していただき、全て手作業の行程の一部を体験することができました。
まだ乾燥行程中のEXELLENT GANBOENG WHITE TEA、「白毫銀針・SILVER NEEDLE」がまさに目の前に存在していました。

 
DSC_0122

Club Luwak自家農園に行ってきました | 15.11.12

DSC_0143

日本と現地クラブメンバーの会合と農園視察を兼ねて、初のインドネシアツアーを実施しました。
画像はバンドン市から車で1時間半ほど山中に入った自家農園近隣の風景です。

 

club-luwak-members

中央の青い衣装の人が、農園でルワックたちの世話とルワックコーヒーの生産をお願いしているおばあちゃんとそのファミリーです。
前列のお揃いの黒いTシャツのメンバーは、ルワック同好会(ペットクラブ)の方たちで、ルワックの育て方など農園の運営上の貴重なアドバイスをいただいています。
おばあちゃんの左と後列がクラブルワック・ジャパンメンバー。はじめての農園視察記念の1カットです。

 

screenshot

おばあちゃんの家では手づくりの「揚げもち」のようなお菓子でもてなしていただきました。
その味とまわりの風景や室内は、はじめての訪問にもかかわらずなぜか懐かしさを覚え、とてもくつろいだ時間をすごすことができました。
この現地農園、現地スタッフとの交流は定期的に行ない、今後の両者の発展に寄与していきたいと考えます。

 

ルワック同好会とそのペットたち。
ルワックが現地ではペットとして愛され、親しまれている様子がうかがえます。

LIVING & DESIGN 2015の特設カフェに イベント試供販売いたしました。 | 15.10.16

L&D_2015

大阪でウェディングレストランを企画・運営されているレストランmitte様から、大阪南港ATCホールにて開催のイベント特設カフェにサンプル出品と試飲コーナー併設のお話をいただき、カフェ専属のバリスタによる「特別試飲会」にてご紹介させていただきました。

 

DSC_0168

試飲会では、大阪のコーヒー豆卸専門店・ハマヤさんのご協力で「ドリップバッグ」をご用意。
ルワックコーヒーを特別価格(500円/1杯)にて試飲していただいた方にはドリップバッグ1袋をプレゼント!3日間で150杯お試しいただき、大変好評をいただきました。

コーヒーチェリー | 15.10.3

11113696_368904266651951_1706463587254887028_n
デザートとしてコーヒーチェリーをLUWAKが食べている写真です。
LUWAKは赤く成熟したコーヒーチェリーしか食べません。何故ならこの
チェリーは、彼らにとってデザートだからです。

水分計 | 15.10.1

11043156_339618612913850_5129773970904223071_o
少し専門的な話ですが、農園では水分計を用いてLUWAKコーヒー生豆の乾燥具合を管理しています。
インドネシアでは、ここまで管理する農園はあまり見受けません。